昔の川の姿取り戻そうと鯉の稚魚200匹を放流 三重県・伊勢市の馬瀬川

やれやれ...................。

以下引用。
https://hicbc.com/news/article/?id=2022031302&ref=tw
昔の川の姿取り戻そうと鯉の稚魚200匹を放流 三重県・伊勢市の馬瀬川
2022/3/13(日) 11:42

かつて鯉などがたくさんいた三重県伊勢市の馬瀬川に昔の姿を取り戻そうと鯉の稚魚が放流されました。

群れを成して仲良く泳ぐ鯉の稚魚。伊勢市内を流れる宮川の支流 馬瀬川の浄化に取り組む地元の団体やボランティアらおよそ30人が13日、川に鯉の稚魚200匹を放流しました。

馬瀬川は周辺の住宅開発による生活排水などの影響で鯉やフナなどが一時激減。下水施設の普及で水質が徐々に改善され、稚魚の放流は昔の姿を取り戻そうと行われたものです。

地元の団体は今後、川の清掃や水質のチェックなどを続け成長を見守っていきたいと話しています

引用ここまで。

この記事へのコメント

管理者
2022年03月17日 08:45
やはりこうなりましたか。
https://rui61.net/?p=115384
昔の川の姿取り戻そうと鯉の稚魚200匹を放流 三重県・伊勢市の馬瀬川

https://encount.press/archives/292185/
コイ稚魚放流でまさかの炎上 外来種が与える影響を「池の水ぜんぶ抜く」専門家が指摘

この記事へのトラックバック